貴方の性格に問題がある場合、そこを治せば彼女が可能なんです。

ビジュアルやスタイルで男性を選ぶようにする女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)もいますねが、真剣な恋愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)をしようと思う女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)のほとんどは性格を重視します。

何故なら、性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) がよくないと長く一緒にいることができないからです。

逆にいうと、いくらイケメン(努力と工夫次第では、雰囲気イケメンになることも可能だといわれています)でも、性格(人や動物の性質を表わす言葉です)が悪いと女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)からはモテありませんので注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しましょう。

では、女性はどのような性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)の人を嫌うのでしょうか。

女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が嫌う男性の性格は、以下の通りになります。

・神経質(本人はもちろん、周囲の人にもストレスを感じさせることが少なくないでしょう)な性格
・暗い性格(人や動物の性質を表わす言葉です)

一番嫌うのは、神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)な性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) のようです。

些細なことを気にする男性をみると、「男なのに」と思ってしまう女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が多いようです。

また、何もしゃべらず、うつむいたままの暗い性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) の人も嫌われます。

ですので、いつも笑顔で明るいタイプの男性を目指してくださいね。

ただ、極端に大雑把だったり、あまりにも明るすぎるのも女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に嫌われるので、ほどほどというのが大切なのです。

そして、ちゃんと気配りが出来たり、まめな性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) の男性は女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に好かれます・緑黄色野菜も含まれる青汁サラダプラス