FX初心者の場合には、マージンコールの対処方法がわからないという方も多いはずです。

FX(外為証拠金取引のことですね)で負けないためにも、このときの対処方法をきちんと知っておいた方がいいかもしれません。

まず、マージンコールとは、大きな損失になる場合にFX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)業者が注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)を促進して、証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)の追加入金を求める警告の事をいいます。

FX(外為証拠金取引のことですね)業者が大損をしない為に、マージンコールが存在します。

基本的には、マージンコールは証拠金維持率が50%を下回った時に警告されると思ってください。

ただし、FX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)業者によっては、マージンコールのラインは多少前後すると思った方がいいでしょう。

そして、マージンコールの対処法は以下の通りです。

・証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)の追加入金
・損切り(投資を行う上では、リスク管理と同様に重要性が高いでしょう)をする

このふたつから選ぶ事になりますね。

証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)を追加で入金する事により、証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)維持率が高まるので、これまでと同様にFX投資(素人でも簡単に儲かるというイメージが先行して、かなりの人が始めて、失敗してしまったのではないでしょうか)を続けることが可能です。

また、損切りで証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)維持率50%を超えるように決済するという方法ってあると思います。

どちらを選択するようにするにしても、速やかに対処した方がいいのです・すっきりフルーツ青汁の口コミ